山本義徳先生の指導法に驚愕!指導者向けセミナーで覆った3つの常識

ダルビッシュ有の専属トレーナーでもある、山本義徳先生の指導者セミナーに行ってきました。

この記事では山本先生が何度も強調していた、エッセンスをまとめたいと思います。

エッセンスは3つあって、

1.トレーニングは頑張らないほうが効果が大きい

2.ダイエットは長期間やらないほうがいい

3.胸を鍛えるならベンチプレスよりもダンベルフライ

です。

 

1.トレーニングは頑張らないほうが効果が大きい

特定の部位だけを追い込むトレーニングは、ヒトの体にとって不自然な動き。それだけで大きなストレスになるので、極限まで追い込まなくても、筋力・筋肉はつく。

例えば、10回 x 3セットやるなら、

1セット目 余裕を持って10回

2セット目 余裕を持って10回

3セット目 追い込んで10回

でいい。

全てのセットで限界まで追い込むのはやりすぎ。回復に時間がかかり、逆に筋肉の成長が遅くなる。

 

2.ダイエットは長期間やらないほうがいい

脂肪の燃焼ペースは1週間で遅くなり、2週間でとまる。ダイエットは長くても4週間ぐらいにして、食事内容にも変化をつけたほうが、脂肪燃焼は早くなる。

詳しくは『超速ダイエット法BODYOPUSとは』を参考にして下さい。

 

3.胸を鍛えるならベンチプレスよりもダンベルフライ

筋力・筋肥大ともに、1番効果的なのは、ストレッチ系の種目。ベンチプレスよりもダンベルフライを優先的にやるようにした方がいい。

胸だけでなく、他の部位に関してもストレッチ系の種目を取り入れて、効率的に筋肉に刺激を与えよう。他の部位のストレッチ系の種目については、

『筋力・筋肥大に最も効果的なストレッチ系種目まとめ』を参考にして下さい。

 

まとめ

ほかに重要なこととしては、ヒトの体って簡単に慣れちゃうので、トレーニングにしろ、食事にしろ、変化をつけていったほうがいいってことを強調されていましたね。

これ以外にも役に立ちそうなことは、どんどん記事に書いていきますね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*