ワークアウトドリンクはBCAAよりもEAAがおすすめ!効率的に筋肥大するためのアミノ酸入門

ワークアウトドリンクにBCAAではなく、EAAを入れるのは、もう常識ですね。

なぜEAAがいいのか?BCAAではダメなのか?

その理由はずばり、

BCAAは「筋肥大のスイッチを入れることはできるが、筋肉の材料となるアミノ酸がはいっていないから」です。

 

1.BCAAは筋肥大のスイッチを入れる

BCAAにはバリン、ロイシン、イソロイシンの3種類のアミノ酸からできていて、これらは筋肥大のスイッチを入れてくれる働きがあります。

そういうわけで、昔から、トレーニング中のワークアウトドリンクとして、飲まれてきました。

ですが、筋肉の材料となるアミノ酸がはいっていないため、トレーニング中の筋肉の分解をふせぐことができないんですね。

 

2.EAAは筋肥大のスイッチ+筋肉の材料

そこで、EAAの出番というわけ。

EAAは9種類のアミノ酸からできていて、BCAAに含まれる3種類にくわえて、筋肉の材料となる6種類のアミノ酸が入っています。

この6種類のアミノ酸がトレーニング中の筋肉の分解をふせいでくれるので、ワークアウトドリンクとしてはBCAAよりも、優秀というわけ。

 

3.どれくらい飲めばいいのか?

EAAは体重80kgの人で、15g摂ればじゅうぶんです。体重が軽い女性なら、7g程度でもいいでしょう。

 

まとめ

市販のEAAにはトリプトファン入りの9種類のものと、トリプトファンの入っていない8種類のものがあります。できればトリプトファン入りの方がいいです。

トリプトファンの入っていないEAAを飲む場合は、トレーニングの1時間前にプロテインを飲めば、プロテインに入っているトリプトファンでカバーできます。

市販のEAAで味もよく、コスパのいいものが、このパープルラスです。

トリプトファンが入っていないので、プロテインでカバーしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*