筋トレで肩こりが悪化するのはやり方に問題あり!筋トレで肩こりが治る3つの理由!

トレーニングを指導していて、最初に喜ばれるのが、肩こりが治ったことです。

筋トレで肩こりが治る原因は、いくつか考えられますが、

1.筋トレによって血流が改善する

2.筋肉が強くなり姿勢が良くなる

3.筋トレがストレス解消になっている

って感じでしょうか。

1.筋トレによって血流が改善する

筋トレは有酸素運動よりも、血流をよくします。

さらに、筋トレの血流は、トレーニングが終わっても、24時間〜36時間は続いています。

これによって、肩こりの原因である血管のつまりがとれます。

 

2.筋肉が強くなり姿勢が良くなる

筋トレをすると、今まで使っていなかった神経が活性化し、意識しなくても姿勢が良くなります。

猫背で悩んでいたクライアントが、姿勢がいいと褒められるようになったと喜んでいました。

筋肉の神経を目覚めさせるのに、時間はかからないので、1回〜2回のトレーニングでも、すぐに姿勢は良くなります。

姿勢が良くなると、肩への負担が小さくなり、血流も改善します。

 

3.筋トレがストレス解消になっている

2008年の系統的レビュー(1)では、腰痛の原因のほとんどはストレスであることがわかっています。

肩こりも少なからず、ストレスの影響を受けているはずなので、筋トレで思いっきり体を動かすことで、ストレスを発散できているものと考えます。

 

まとめ

肩こりで悩んでいるひとは、一度、筋トレをしてみるといいかも。

もしやるなら、ビッグ3や懸垂といった、たくさんの筋肉を効率よく刺激できるトレーニング種目がおすすめです。

詳しくは『はじめて筋トレする女性のために!ビッグ3ってなに?』を参考にして下さい。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*