眠れないと思ったらあたり前だった!原因を解明しストレスを取り除く快眠する3つの習慣

睡眠の質を高める方法はたくさんありますが、ここでは僕が実際に試してみて、効果が高かったものをご紹介します。

ハードルの低いものが多いので、参考になるはずです。

1.睡眠1時間前はスマホをみない

2.部屋の明かりを暖色系にする

3.入浴、読書、瞑想

1.睡眠1時間前はスマホをみない

スマホには刺激の強い情報が多く、神経を過敏にします。LINEやメールも、活動スイッチをオンにしてしまいます。

寝る前はできるだけリラックスしたいので、スマホは見ないようにしましょう。

 

2.部屋の明かりを暖色系にする

白色の蛍光灯にはブルーライトがたくさん含まれています。簡単に言うと、ブルーライトは太陽の光で、これも活動スイッチをオンにします。

黄色っぽい暖色の蛍光灯にするか、白色⇔黄色の切り替えができるものなら、なおいいですね。

 

3.入浴、読書、瞑想

これらは寝る前のおすすめ行動です。

リラックス効果だけでなく、ストレスを解消する効果もあります。

 

まとめ

睡眠は、時間✕質で決まります。

なかなか睡眠時間が確保できないなら、質を高める工夫をしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*