マンデルブロトレーニングのやり方はあってる?強力に筋肥大させる正しいやり方

マンデルブロトレーニングは、ダルビッシュ有の専属トレーナーでもある山本義徳先生が考案したトレーニングプログラムで、毎週筋肉に違うあたえるプログラムです。

例えば、

1週目 8〜10回で限界になる重さ

2週目 3〜5回で限界になる重さ

3週目 20〜40回で限界になる重さ

1週目に戻る

みたいな感じです。目的は、

筋肉に毎回、違う刺激を与えることで、慣れをふせぎ、効率的に筋肥大に必要な刺激を与えること

です。

 

1.1週目の目的

8〜10回で限界になる重さは、一般的に筋肥大に適した重さだといわれています。その理由は、

・物理的な刺激

・化学的な刺激

この2つを同時にあたえることができるから、です。

しかし、これだけでは、すぐに身体はなれてしまうんですね。

 

2.2週目の目的

3〜5回で限界になる重さは、一般的に筋力アップに最適な重さだといわれていますが、筋肥大にも有効です。その理由は、

・物理的な刺激を強烈にあたえることができる

からです。

実は物理的な刺激は、筋肥大の強いシグナルを、体にあたえます。

さらに、化学的な刺激に対して、筋肉を休ませることもできます。

 

3.3週目の目的

20〜40回で限界になる重さは、一般的に筋持久力アップに最適な重さだといわれていますが、こちらも筋肥大に有効です。その理由は、

・化学的な刺激を強烈にあたえることができる

からです。

化学的な刺激も、筋肥大の強いシグナルです。

さらに、物理的な刺激に対して、筋肉を休ませることができます。

 

まとめ

このようにして、物理的な刺激と、化学的な刺激を、交互にあたえたり、時には同時にあたえたりして、筋肉をなれさせないようにします。

 

 

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 坊主 より:

    「科学」が全部「化学(ばけがく)」の方になってますよ……

    1. mpttaro より:

      坊主さん

      コメントありがとうございます!
      化学(ばけがく)でいいんですよ(^^)

      乳酸により、筋肉に化学的な変化を与えることで、筋肥大のシグナルを送ることから、「化学的」刺激と呼んでいます。

コメントを残す

*