やる気がでないときはこれを試して!目標に幅を持たせると成功率が30%アップする

実は、心理学的に正しいやる気を高める目標のたて方があります。

マーケティング学の教授M・スコットとS・ナリウスが行った実験によると、ある方法で目標設定すると、30%もやる気が高まり、失敗しても再挑戦できることがわかっています。

今日はその方法についてご紹介します。

1.やる気を30%高める目標のたて方

それは、設定する目標に「幅」を持たせること。

例えば、1週間のダイエット目標を立てる時、「1週間で1kgやせる」ではなく、
「1週間で0.5kg〜1.5kgやせる」というように設定します。
そのうえで、1週間後のやる気を調査した研究があります。

どちらの方法で目標を設定しても、減った体重は同じでしたが、
・「1週間で1kgやせる」という目標を設定したグループは、さらに頑張ろうと思った人が50%
・「1週間で0.5kg〜1.5kgやせる」という目標を設定したグループはさらに頑張ろうと思った人が80%

という結果になりました。

 

2.なぜ、やる気が高まるのか?

2−1.やりがいが生まれる

目標をたてることで、やりがいが生まれます。目標を達成したときに、達成感を感じることができるからです。

しかし、1つ問題があります。
きっちりとした数値目標をたてて、達成できなかったとき、達成感を感じることができません。
「1週間で1kgやせる」と設定した場合、0.5kgしかやせなかったときにくやしい思いをしてしまいます。

 

2−2.達成できる可能性が高くなる

そこで目標に幅をもたせます。目標に幅を持たせると、達成できる可能性が高くなります。

「1週間で0.5kg〜1.5kgやせる」と設定すれば、思いどおりにいかず、0.5kgしかやせなかったときも、うまくいって1.5kgやせたときも、どちらも達成感を感じることができます。

 

3.まとめ

目標に「幅」をもたせることで、やりがいと達成感を両立させることができます。

ダイエットに失敗しても、自分の意志のせいにするのではなく、このテクニックを使って、何度も挑戦してみて下さい。

きっと、あなたのダイエットの助けになってくれるはずです。

 

4.参考文献

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*