最大酸素摂取量を向上させたいならこれ!持久力をアップさせるHIITのやり方

持久力アップのために、HIITをとりいれるときの、効果とやり方をまとめておきます。

週4回のHIITを6週間やった研究によると、

・最大酸素借が40%アップ

・最大酸素摂取量(VO2MAX)が10%アップ

したとのこと。

1.最大酸素借が40%アップ

最大酸素借は簡単に言うと、無酸素運動で動ける量のことです。HIITはこれが40%アップ。

60分、週5回の有酸素トレーニングでは、最大酸素借はアップしませんでした。

 

2.最大酸素摂取量(VO2MAX)が10%アップ

最大酸素摂取量は簡単に言うと、有酸素運動で動ける量のことです。HIITではこれが10%アップ。

60分、週5回の有酸素トレーニングでも、同じく10%アップしましたみたい。

 

3.HIITは有酸素・無酸素どちらの機能もアップさせる

HIITが持久力アップに効果的なのは、

・最初のセットで、無酸素系エネルギー供給に最大の負荷をかける

・最後のセットで、有酸素系エネルギー供給に最大の負荷をかける

から。

4分のHIITで、60分の有酸素系トレーニングよりも効果が高いのはうれしいですね。

 

4.HIITのやり方

ダッシュなどの高級度な運動を20秒やったあと、10秒の休憩を取ります。これが1セット。

4セット〜8セット、体力にあわせて、もう動けなくなるまでやります。

ハードなトレーニングなので、ウォーミングアップとクールダウンはしっかりやって下さい。

 

5.効果的な種目は?

ダッシュ以外にも身体全体を使えるなら、なんでもいいです。

ただ、下半身の大きな筋肉を使える種目でなければ効果がありません。

おすすめは固定式の自転車です。

筋肉にあまり負担をかけずに、心肺機能を鍛えられます。

 

まとめ

HIITは時間効率がよく、効果も確かなので、おすすめです。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*