ボディオーパスを1週間やってみた!2kgの減量に成功した食事メニュー

ローカーボとローファットを切りかえて、脂肪の燃焼をうながすBODYOPUS(ボディオーパス)をはじめまして、1週間が経過しました。

気になる体重はというと、

83.6kg → 81.3kg

2.3kgの減量です。

減量のはじめは、体からグリコーゲンが抜けるので、体重が一気に減ります。

それを差し引くと、だいたい1kgの脂肪燃焼になり、いいペースですね。

BODYOPUSって何?という方は『超速ダイエット法BODYOPUS(ボディオーパス)とは』を参考にして下さい。

2週目の食事メニューや食べた時間などを書いておきますね。

 

1.2週目はローファット

ローファットとは、脂質を控えた食事のことです。

BODYOPUSは、ローカーボの週とローファットの週を交互に切りかえていきます。

 

2.トレーニングは午前中

成長ホルモンとノルアドレナリンの分泌をうながし、体脂肪の燃焼を効率よくするために、トレーニングは午前中にします。

詳しくは『ダイエットが目的なら毎日20分、筋トレ!が正解』を参考にして下さい。

減量中は毎日、トレーニングします。

 

3.食事メニュー

8:00 起床 プロテイン50g

9:00トレーニング中 EAA

9:30トレーニング終了

10:00 トレーニング30分後 プロテイン50g

12:00 昼食 鶏胸肉200g、玄米ご飯150g

16:00 間食 プロテイン25g

20:00 夕食 タンパク質、炭水化物をメインにして総カロリーにあわせて調整

24:00 就寝前 プロテイン

こんな感じです。

トレーニング前後は筋肉の分解を最小限にするため、プロテインを多めに摂ります。

 

ローファットダイエット中は必要な脂質が不足するので、DHA+EPAなどのサプリメントから摂取します。

γリノレン酸もローファット時のテストステロンの低下を防げるのでいいそうです。

僕は迷いに迷ったあげく、昨日注文しました。

海外直送なので、まにあいそうにないのですが(笑)

 

ローファットのときの昼食

 

脂質がないので、こんな感じのメニューです。

 

4.総カロリー

1日の総摂取カロリーは、だいたい1,570kcalです。

これはローカーボの時とおなじですね。

根拠は、

1,892kcal ✕ 1.2 − 700kcal =1,570kcal

です

・1892kcal = 基礎代謝

 ※基礎代謝はこちらのサイトで計算します。

・1.2 = 筋トレによる代謝があるので少し増やします

・700kcal = 1日に消費したいカロリーです

 

5.PFCバランス

P:F:C = 200g:15g:160g

です。

タンパク質は体重の2.4倍。

残りのカロリーを、

・脂質:炭水化物 = 6:1

の比率でとっています。

 

まとめ

やはり、脂質がないと、食卓が寂しい感じがしますね。

空腹感対策のため、食間のプロテインはソイプロテインにしました。

大事なのは筋肉が落ちないことなのですが、今のところ挙上重量は低下していません。

ひきつづき、レポートしていきますね。

 

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*