筋トレしてる子は身長が伸びないは嘘!むしろ筋トレが身長を伸ばす理由まとめ

筋トレをすると身長が縮むって誰が言い出したんでしょうか。むしろ、筋トレは成長期の子どもたちの身長を伸ばします。

その理由は

1.筋トレでつけた筋肉が成長軟骨を守る

2.筋トレが長軸方向への刺激を与える

3.筋トレにより成長ホルモンが分泌させる

からです。

1.筋トレでつけた筋肉が成長軟骨を守る

未成年はスポーツによる怪我や、体の使いすぎで、成長軟骨を痛めやすいです。

成長軟骨を痛めると、身長が伸びにくくなってしまいます。

筋トレで筋肉をつけて、怪我を予防することにより、成長軟骨を守ることができます。

 

2.筋トレが長軸方向への刺激を与える

身長を伸ばすためには、骨に長軸方向の刺激を与えるといいです。バスケやバレーの選手の身長が高くなりやすいのは、縦のジャンプが多いからです。

筋トレは、縦のジャンプと同じく、長軸方向の刺激を与えることができます。

 

3.筋トレにより成長ホルモンが分泌させる

筋トレには成長ホルモンを分泌させる働きがあります。この成長ホルモンにより、軟骨細胞が増殖し、身長が伸びます。

成長ホルモンを分泌させるためには、1〜2分くらいのインターバルで、筋トレを行うといいです。

 

まとめ

筋トレには身長を伸ばす効果もあり、あらゆる点で成長期のアスリートを守ります。

他にもメリットを知りたい方は『小学6年生から筋トレをする3つのメリット』を参考にして下さい。

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*